ジャズ

Disk Review

Barney Wilen / Barney (JORDU)

Barney Wilenと書いて「バルネ・ウィラン」と読む。そこから始まるこの「いぶし銀」なアルバムの国内盤視聴記。ジャズレコードでは毎回高額盤リスティングされる本作はジャケの見た目の「スカした感じ」とは裏腹に素晴らしいメンバーによる白熱の演奏が収められておりました。
JAZZ

Mobley’s 2nd Message / Hank Mobley Quintet (1957)

オリジナルはおろか、国内盤リイシューですら中々出会えなかったモブレーの名作「セカンド・メッセージ」について。WAVEリイシューってそもそも?のところからジャケット、レーベル、音のレビューまで。ジャズは国内盤でも十分いい音しますね!
Disk Review

【チェット・ベイカー】名盤「シングス」のUK12インチオリジナルとUS10インチオリジナル聴き比べ! [Chet Baker / Chet Baker Sings ]

チェット・ベイカーの名盤「シングス」をオリジナル盤レコードで聴き比べ。先発のUS10インチオリジナルとUKの12インチオリジナルの重複曲をそれぞれ比較視聴しています。
Disk Review

【ブギウギ】ハッピー☆ブギ(LP)、即買いです!在庫有るうちにぜひ!【緊急】

NHK朝の連ドラ「ブギウギ」のLPが11/22に発売された。当初は発売決定→即完売かと思われたが今のところは在庫ありの模様…であれば、これは即買いモノじゃないでしょうか?という緊急連絡
Disk Review

【秋の夜長のセツナJAZZ】ジャズビギナー向け、秋ジャズ・名盤3選

"秋の夜長に聴きたいジャズ名盤":ジャズ初心者向けに、秋の雰囲気にぴったりのセツナ系3枚の名盤を紹介。メロディの美しさ、癒やし、秋らしい雰囲気が揃ったアルバムで、ジャズの魅力を存分に味わおう。初めてのジャズトライに最適な選曲。
Disk Review

【聴き比べ】ビル・エヴァンス!レコード・SACD比較!「Waltz For Debby」のオリジナル盤LPとSACD、おすすめはどっち?(Bill Evans Trio_Waltz for Debby)

「Waltz For Debby」のオリジナル盤LPとSACD(アナログプロダクション製)を比較。結論:音質、状態、価格からSACDがおすすめ。LPは音は良いが、個体差や高価。SACDは音場広がりがあり、個体差が少なく手頃な価格。詳細な比較やスペックを提供。どちらを選ぶかは機材や好みに依存。記事全文を読むことを勧める。