Disk Review

Voodoo Lounge / The Rolling Stones (UK-ORIGINAL)+Cassette Tape

1994年7月に発売されたローリングストーンズのアルバム「Voodoo Lounge」が発売30年。今回はUKオリジナル盤を聞き直すことで最新作「Hackney Diamond」に通じる新生ストーンズの萌芽を感じたいと思います。
最近の収穫

Ryuichi Sakamoto / opus

坂本龍一が生前残したピアノソロのライブ映画。全編モノクロで紡がれる晩年の坂本龍一の、鬼気迫る演奏と美しい映像に魅了されました。
Blues

Blind Willie McTell / The Early Years 1927-1933 (US-ORIGINAL)

12弦ギターの使い手、ブラインド・ウィリー・マクテルの戦前録音を彼の略歴を交えてヤズーのオリジナル盤で聞いてみる。ヤズーは戦前録音に定評のあるレーベルなのでその板起こし具合は申し分なしです。
Blues

West Side Soul / Magic Sam’s Blues Band (LP / US-ORIGINAL)

マジック・サムの「West Side Soul」はブルーズの大名盤である。今回はこの作品のUSオリジナル盤について取り上げる。アートワークから裏ジャケ、レーベル面のレポートと音について。ブルーズこそオリジナル盤で聴くべきである、その理由も簡単に。
Disk Review

Led Zeppelin UK LP (Atlantic 588171 Turquoise) vs UK Original vs US Original_③【聴き比べ】

贅沢三つ巴シリーズ最終回!前回に引き続き、Led Zeppelinのファーストアルバム聴き比べ!今回はUKオリジナル修正マトリクス「オレンジ」です。最後には聴き比べのまとめ一覧とオマケの邪推も入れときました。
Disk Review

Led Zeppelin UK LP (Atlantic 588171 Turquoise) vs UK Original vs US Original_②【聴き比べ】

前回に引き続き、Led Zeppelinのファーストアルバム聴き比べ!今回はUSオリジナル!通称「ターコイズ無修正マトリクス」盤と比較して果たして・・・贅沢三つ巴シリーズ第二弾!
Disk Review

Led Zeppelin UK LP (Atlantic 588171 Turquoise) vs UK Original vs US Original_①【聴き比べ】

Led Zeppelin幻のファーストアルバム、通称「ターコイズ無修正マトリクス」盤と同じくUK修正マト1/1盤、さらにはUSオリジナルマトA/A盤の贅沢三つ巴聴き比べシリーズ第一弾!果たして一番「聴き心地が良かった」のは…
Disk Review

Barney Wilen / Barney (JORDU)

Barney Wilenと書いて「バルネ・ウィラン」と読む。そこから始まるこの「いぶし銀」なアルバムの国内盤視聴記。ジャズレコードでは毎回高額盤リスティングされる本作はジャケの見た目の「スカした感じ」とは裏腹に素晴らしいメンバーによる白熱の演奏が収められておりました。
CLASSIC

カラヤン晩年のドヴォルザーク「交響曲第8番」 / Herbert von Karajan – Wiener Philharmoniker

エソテリック社から24年5月にカラヤンのドヴォ8(1961録音)がリマスター発売されます。同じウィーンフィルの演奏でも、私なら是非1985年録音を聴いてもらいたいと思います。戦後〜バブル絶頂期までクラシック界の帝王として君臨したカラヤンの「こっさり」の時代、とても良いのです。
JAZZ

Mobley’s 2nd Message / Hank Mobley Quintet (1957)

オリジナルはおろか、国内盤リイシューですら中々出会えなかったモブレーの名作「セカンド・メッセージ」について。WAVEリイシューってそもそも?のところからジャケット、レーベル、音のレビューまで。ジャズは国内盤でも十分いい音しますね!